~今日の様子~

3月


31日(金)

 今日は、平成28年度最後の日。
育ちの家保育園でも、ささやかなお別れ会を行いました。
 4月から小学校へ行く子。別の保育園や幼稚園へ行く子。
それぞれ新しい場所に早く慣れ、自分らしく伸び伸びと育ってい着ますように。
そして、時々は、育ちの家保育園の事を思い出してくれますように。と、祈りながら最後のお別れをしました。


30日(木)

 今日は、2歳6か月以上の子は、金毘羅山へ山登りに行きました。

諏訪神社から立山公園までの路線バスのに乗り、立山公園から金毘羅山中腹の広場まで足取りも軽く、菜の花やタンポポ、蝶々等を見つけながら登りました。

広場から頂上までは、4歳以上のお兄さんグループだけで出発。「結構きついな~。」、「ちょっと疲れた~。」と、愚痴がこぼれだしたころ、頂上に到着しました。

 呼吸を整えながら、頂上の神社にお参りを済ませ、頂上からの景色をしばらく堪能して後、2歳グループの待つ広場にお戻りました。

 意気揚々と戻ったお兄さんグループは、2歳グループのみんなに頂上の様子や登り道の事を自慢げに教えてあげていました。

 帰りは、バスに乗らず、保育園までの長い道のりをすべて歩いて帰った子ども達。大変頑張りました!

 


29日(水)


28日(火)

 今日のお散歩は、昨日、雨のため途中で最後まで登り切れなかった若宮神社までリベンジお散歩!

 競争したり、どんぐりを拾ったり、猫とお話しながら楽しく登り、「楽しかったね~」と、子ども達もニコニコでした。


27日(月)

 今日は、一日雨が降ったり止んだりでした。

「もう降らないかな。」と思い、お散歩へ出かけましたが、残念ながら途中でパラパラと降り出したので、本降りになる前に帰ってきました。


24日(金)

 諏訪神社へお散歩。

今日は、動物広場ではなく公園の方へ。

初めてきた子も多く、いつもと違う遊具に何度もトライしていました。


23日(木)

 今日はあいにくの雨だったので、手形スタンプで遊んだり、雨に濡れないようにビルのエントランスまでのお散歩をしました。


22日(水)

 今日は、年齢の小さい子は保育園周辺をお散歩。大きい子は公園へ遊びに行きました。

 良い天気の中、公園の遊具で楽しく遊ぶことができました。

 気づくと寒い冬が終わり、春がもうそこまでやってきています。

冬に入るころは、補助しながら登っていた公園の壁登りも、今では一人ですいすい登れるようになったRちゃんやTちゃん。

 あっという間に過ぎて行く季節と、子どもたちの成長の一瞬一瞬を見逃さないようにしたいものです。


21日(火)


17日(金)

 桃渓橋(ももたにばし)の桃がきれいに咲いていましたが、一人の男の子は、公園の遊具の一部がチョコレートに見えたらしく、花には目もくれず、むしゃむしゃと遊具を食べるマネをしていました。


16日(木)

 今日もいい天気だったので、おなじみになった若宮神社までの階段登り。

園から若宮神社までの所要時間も20分弱と秋ごろに比べるとかなり早く到着するようになってきました。

 時間に余裕ができた分、木の実を拾ったり、近くの小学校を見学したり、+αの活動ができました。

 1歳の二人は、保育園近くの桜馬場天満宮でゆったりと過ごしました。


15日(水)


14日(火)

 ホワイト・デーも、どこ吹く風とお散歩へ。

昨日1日、室内で過ごした鬱憤を晴らす如く諏訪神社の長い階段を元気に駆けあがりました。


13日(月)

 月曜日から雨のお天気でお散歩へ行けず、子どもたちはがっかりしていましたが、気持ちを切り替えて保育園に飾る蝶々作りをしました。

 コーヒーのフィルターに水性マジックで好きな模様を描き、水につけマジックで描いたところをにじませて蝶々の羽の出来上がり。

 乾いた物から順番に保育園の窓を飛び回りますので、保育園の前を通った方は、窓を見上げてみてください。


11日(土)


10日(金)


9日(木)


8日(水)

 公園へ出かけようとしたところで、ぽつぽつと雨が・・・

残念ながら公園へのお散歩はまた後日となりました。


7日(火)

~感情を大きく表そう~

 子ども達は、保育園で一日過ごしている間に、泣いたり、笑ったり、怒ったり、いくつもの感情を表現します。

 滑り台が楽しかったり、お友達とケンカしたり、使いたいおもちゃが使えなかったり、感情が噴き出す理由は色々ですが、その一つ一つをしっかり受け止めていきたいと思います。

 しかし、泣きたいときは泣き、笑いたいときは大声で。怒りたいときは心の底から怒る。

 感情を表すことで、表情の出し方を覚えたり、大きな声を出すことで体幹の筋肉を鍛えたり、高まった感情をコントロールする力を養う、等の効果が期待できます。

 学校で勉強するためには、椅子に長時間座るための筋力が必要ですし、多くの人と関わるためには、自分の感情をコントロールする力が必要です。集団の中で『我』を出すためにはしっかりと感情を表す力が必要です。

 それらは学校に通いだすと、とても必要な力になります。

小さいころから大きく感情を表して、鍛えていきましょう。


6日(月)


3日(金)


2日(木)

 今日は、公園で遊ぶ予定でしたが、公園の遊具は昨晩の土砂降りの雨で濡れているだろうと、いうことで諏訪神社の動物広場へ変更しました。

「がらがらどん見に行く!」(ヤギの事ですが、絵本「3匹のやぎのがらがらどん」に出てくるヤギが、「がらがらどん」と、言う名前なので、「ヤギ=がらがらどん」と、覚えているようです。)「おサルさん見に行く!」と、子ども達も大張り切りで長い階段もあっという間に登り切ってしまいました。


1日(水)

 今日は、昨日とは違う公園へ行きました。

一枚目の画像の彼は、「安全第一」がモットーなので、低い滑り台へ行こうとしていたところ、園長から高いトンネルの滑り台へ誘導されて、「トンネルいやだ!」と、言いながらトンネルの滑り台を滑り降りてきたところの一枚です。

「意外に楽しい・・・」と思ったかどうかはわかりませんが、このあと3回ほど同じやり取りを繰り返しました。