~今日の様子~

5月


31日(火) 絵本

 子どもたちは、絵本が大好きです。

絵本には、ストーリーが楽しいもの、読み手と聞き手の掛け合いが楽しいもの、絵自体が楽しいもの等、色々あります。

 この絵本のいいところは・・・

 ・子どもたちの顔を見ながら、話すスピードや抑揚を調節できる。

 ・絵と絵の間を想像し、想像力を養える。

 ・お話を聞いたり、お話の中で言葉を掛け合うことで語彙力をつける。などがあります。

 簡単に動画が見れる時代ですが、絵本の良さも忘れないようにしたいですね。


30日(月) 散歩カー

 今日のお散歩は、公園で遊ぶ時間を長く作るために全員散歩カーへ乗車して公園まで行きました。

 普段は散歩カーに乗らない2歳の子どもたちは、久しぶりに散歩カーへ乗られ喜んでいました。(一枚目の写真はとても喜んでいるように見えませんが、ほんとは小躍りして喜んでいます。)

 公園では、昨日までの雨が嘘のようにいいお天気の下、滑り台などの遊具でたくさん遊びました。


28日(土)  紫陽花とメダカとetc.

 雨が似合う季節になってきました。

鮮やかな紫陽花。元気なメダカ。天気が悪く、人が少ない公園。静かに読書。

 穏やかな土曜日。雨の季節の楽しみを満喫しました。


27日(金)  新しい遊び方

 1枚目の写真は、ブランコから落ちかけている瞬間ではありません。1歳の女の子がブランコで遊んでいるところです。この落ちかけの状態を5秒ほどキープしてゲラゲラ笑っているのです。見ているこちらがハラハラしますが、この状態から自力で起き上がり、また落ちかけの状態へ。それを2~3度繰り返すと疲れたのかブランコから降り、シーソー等で遊び、疲れが取れたところで、またブランコへ戻ってきて、もう一度落ちかけの状態を楽しむという、筋肉トレーニングのような遊びをしています。もちろんどんなに楽しそうでも、誰も真似しません。誰も真似できないかもしれません。「ブランコってこんな楽しみ方もあったんだね。」と、あたしイ遊びを教えてくれた、驚異の筋力を持った1歳さんでした。


26日(木) 花より・・・

 保育園そばの天満宮で紫陽花がきれいに咲いていました!・・・が、子どもたちは一目も見ずに駆け抜けていきました。

子どもたちの興味は、花よりも落ちている梅の実や社の周りに敷いてある飛び石から落ちないように社をぐるぐると回る遊びに向けられていました。


25日(水) 小さな保育者

  いつも保育者が座るところに座り絵本を開く1歳さん。

一所懸命に本を開いている姿も、他の子たちがそれを黙って見守っている姿も、とてもかわいらしいものでした。


24日(火) いろいろな植物

 保育園から公園までの道沿いには、街路樹が植えてあり、かっこいい葉っぱや可愛い花など、町中を歩いていても、いろいろな植物を楽しむことができます。

 その中に、ひまわりが一輪だけ花を咲かせており、少し早い夏の訪れに喜ぶ保育者と、全く興味を示さない子どもたちとの温度差に少し悲しくなりましたが、公園で楽しく遊ぶ子ども達の姿を見れたので良しとしましょう。


23日(月)

 今日のお散歩は、公園へ遊びに行きました。

 公園も陽射しが強く、滑り台の一つが熱くなっていたために使えませんでしたが、ほかに二つ滑り台があるため、子どもたちはたっぷり公園での遊びを楽しむことができました。


21日(土) 感情のバランス

 子どもだからと言って、一日中ニコニコして過ごすことはできません。

時には、怒ったり、泣いたり、すねたり。そんなネガティブな感情も吐き出すことで、楽しいことや嬉しいことに心から身を任せられるのです。


20日(金) 1日2回のお散歩

 ぽかぽかを通り過ぎた暑さの1日でした。

こんな日の散歩は、日陰を探しつつ、ツバメを見つけたり、街路樹の周りに咲いているお花見たり、よもぎなどの匂いを嗅いだりしながらのお散歩。

 少し涼しくなってきた夕方は、公園でたっぷり遊びました。


19日(木) 予定通りにいかないときも・・・

 今日のお散歩は、少し遠くの「宮ノ下公園」へ行く予定にしていましたが、いろいろなものに気を取られすぎて時間が無くなったので、馬町の地下道探検に変更。

 地下道探検をした後は、諏訪神社の参道入口まで行き、「動物広場にも行きたいね~。」と、もう最初の目的地のことなどすっかり忘れてしまいました。

 予定通りにいかないときこそ「ポジティブ・シンキング」。どんな時も楽しく過ごす方法を考えながら保育していきます。

 帰り道は、新大工町商店街の皆さんとハイタッチしながら帰りました。


18日(水) 応援

 遊びに来た公園の前にある小学校で、運動会の練習をしていたので、歩道橋の上から、「がんばれ~!」と応援してきました。

 小学生を応援した後は、歩道橋を先に降りた子が、後ろから降りてきているお友達に、「がんば~れ!がんば~れ!」と応援しました。


17日(火) 季節を感じる

 今日のお散歩は、1歳組は散歩車に乗ってちかくの神社へ直行し、2歳組は神社の周りを少し散策してから合流。

 神社では、梅の実を拾ったり、みんなで追いかけっこしたり、紫陽花のつぼみを鑑賞しました。

 もう少しすると、「紫陽花祭り」が行われる事を神社の方から教えていただき、お散歩のときに季節を感じる楽しみが、また増えました。


16日(月) あっという間に過ぎました。

 週の初めから雨の一日になりましたが、泣いたり、笑ったり、お絵かきしたり、絵本見たり、オオカミをやっつけたり・・・

 お散歩に行けないことを悲しむ間もなく、お迎えの時間になりました。


14日(土) 新しい体験と挑戦

 1歳の女の子Tちゃんは、公園で遊んでいた小学生に取り囲まれてアイドル並みにちやほやされたり、保育者が鉄棒で前回りをしてみせると、頑張って挑戦するK君。練習を見られるのが恥ずかしい双子のお兄ちゃんH君は、鉄棒の端のほうでひそかに練習。丸まったダンゴムシを発見して喜んで手に乗せたとたん、ダンゴムシが動きだ出したため、飛び跳ねて驚いたり、 今日も公園へのお散歩は、新しい体験といろいろなことに挑戦するチャンスがたくさんありました。


13日(金) 旬のもの

 今日のお散歩は、新大工町商店街まで行きました。

 商店街の皆さんに声をかけていただきながら、果物や野菜、お花などを見てきました。

 花屋さんでは、色鮮やかにオレンジや黄色に咲いたマリーゴールドがたくさん売られており、八百屋さんで今の旬はゴーヤだと教えてもらいました。


12日(木) 身体測定

 今日は、身体測定を行いました。

4月から入園した新人さんたちも、先輩たちの様子を見ながらすんなりと体重計に乗り、きれいな姿勢で身長を測らせてくれました。

 身体測定がスムーズに行ったおかげで、近くの神社へお散歩に行く時間もありました。

 しかし、どちらも写真を撮り忘れました。ごめんなさい!


11日(水) やっぱり楽しい外遊び!

 朝方まで降っていた雨も、みんなが登園する頃には止み、待ちに待ったお散歩に出発!

 滑り台、ブランコ、シーソー等の公園の遊具で遊んだり、かけっこしたりと、久しぶりにお外でたくさん遊ぶことができました。


10日(火) 好きな絵本

 保育園にはいろんな絵本がありますが、みんのお腹がすくころにリクエストが多い絵本がこの、「パンだいすき」です。

ページをめくる度においしそうなパンが出てくるので、みんな空中に手を伸ばして、ひとつ残らず「あむ!」と食べている姿はとても可愛らしいです。


9日(月) 雨でも

 またもや雨になり、子どもたちはお散歩に行けず。

しかし、お天気ばかりは仕方がありません。

そこで、お散歩に行きたいのに行けない心のもやもやは、子どもたちが大好きな歌、「♪手をたたきましょう♪」の♪お~こりましょ~♪うんうんうん♪を歌って発散し、わらべうた等で室内でも楽しく過ごしました。


7日(土) 久しぶりのお散歩

 連休と雨のためにしばらくお散歩に行けませんでしたが、今日はくもり空ながら、暑くもなく、寒くもない絶好のお散歩日和だったので、久しぶりに諏訪神社まで行ってきました。

 先生が「お散歩に行こう~!」と、言い終わる前に帽子を取りに行く子どもたち。歩きなれた新大工町商店街までは足取りも軽く、商店街の人の声に応えながら、にこにこ歩いていましたが、参道の入り口に着き、上を見上げて目的地のあまりの遠さに不機嫌になる子1名・・・

 しかし、そこに現れたのがボランティアに来た小学生のお姉さん。手をつないで歩いてもらうことで機嫌を直すことができました。

 200段近い階段を上り、神社の神様に参拝し、鯉や鳩や山羊にビビり、空腹と疲れからまた不機嫌になりつつも、久しぶりのお散歩を満喫しました。 


6日(金) 連休明けは・・・

 みんな楽しい連休を過ごしたようで、「お休みは何してたの?」と、たずねると、話せる単語を駆使して、ニコニコしながらいろいろとお話してくれました。

 楽しい連休を過ごした子どもたちは、絵本を読んでは「あ~」、歌を歌っては「あ~」と、大きなあくびを連発していました。

 


2日(月) 時代は変われど

 保育園そばにある、「桜馬場天満宮」(菅原道真を祀る神社を天満宮といいます。学問の神様ともいわれ、参拝すると受験などにご利益があるそうです。)までお散歩に行きました。

 昔は、よく神社の境内で子どもが遊んでいたものですが、最近はあまり見かけません。

 しかし、保育園の子たちが、落ちている梅の実を観察したり、境内の階段に並んで座ったり、楽しそうにかけっこしている姿を見ると、子どもが楽しいと思うことは、今も昔も変わらないんだな~と、しみじみ思いました。