~今日の様子~

6月


30日(木) 6月生まれのお友達の誕生会

 6月生まれのお友達の誕生会を行いました。

1人だけ前に出ることが恥ずかしくて、くねくねしてしまいましたが、最後は「おめでとう!」の声に「ありがとう!」と、元気に返すことができました。


29日(水) おへそを隠せ!

 外気浴をしにビルのエントランスに降りて、通り過ぎていくいろいろな車を見ていますと、遠くのほうでゴロゴロゴロ。

 「あ、雷様だ!おへそを隠して!」と、保育者が伝えると、一斉にお腹を押さえる子ども達。若干おへその位置とずれている子もいましたが、外気浴の間、誰もおへそを取られることはありませんでした。


28日(火) デイサービスの皆さんとの交流会

 長崎市馬町にある、「アルファリビング長崎諏訪の杜」のデイサービス利用の皆さんと交流会を行いました。

 たくさんのおじいちゃん、おばあちゃんの温かいお出迎えに、初めは緊張していた子どもたち。

 握手やハイタッチをして徐々に緊張をほぐして、いつも歌っている歌を歌ったり、好きな絵本を一緒に見たり。

 おじいちゃん、おばあちゃんたちにも、とても喜んでいただき、楽しい交流会となりました。

 最後におじいちゃん、おばあちゃんたちから歌のプレゼントに聞き惚れ、それに加えてお菓子の詰め合わせまで頂きました。

 「アルファリビング長崎諏訪の杜」の皆さん本当にありがとうございました。


27日(月) 模様替え

 今週も雨が続くようです。ジメジメムシムシしているので、除湿機のタンクもすぐに満水になります。

 気分だけでも変えようと思い、室内を模様替えしました。

 最初は戸惑っていた子どもたちも、すぐにいつもと違う雰囲気の園内を楽しんでいました。


25日(土)

 今週は、ずうっと雨でしたね。

子ども達も少し欲求不満気味です。

来週は、お外でたくさん遊べますように。


24日(金)


23日(木)


22日(水)

 強い雨が続き、お散歩に行けませんでしたが、「晴れたら、お外でいっぱい遊ぶぞ~!」と、みんなで話し、今日はゆったり過ごしました。


21日(火) 涙の理由

 遊びたかった玩具を先に使っていたお友達から譲ってもらえなかったため、熊のぬいぐるみに八つ当たりしながら激しく流れるTちゃんの涙。

 口内炎の痛みに耐えきらず、しくしくとこぼれ落ちるHくんの涙。

 保育園では毎日いろいろな涙が流れています。


20日(月) 運動遊び

 今日は雨のためお散歩に行けなかったので、室内で運動遊びを行いました。

 2歳児向けの運動遊びでしたが、1歳6か月前後のお友達も何んとな~くマネしながら参加しました。


18日(土)  楽しむ

 一枚目の画像は、貞子が井戸から出てきたところではなく、トンネルくぐりで遊んでいるところです。

 公園でも、園内でも、いろいろな物や想像力を駆使して、全力で楽しむ子どもたちでした。

この「楽しむ」。子どもたちは自然にいろいろな物事から楽しみを見つけ、何の疑いもなくそれに興じることができますが、大人は物事から楽しみより先に意味や価値を見つけようとしてしまいます。

 「楽しむ」こればっかりは子どものほうが先生です。


17日(金) 父の日のプレゼント

 先日作った紫陽花は、父の日のプレゼントでした。

作品は今日持ち帰り、おうちでお父さんへプレゼントしていただきました。


16日(木)

 今日は雨だったので、リズム遊びを行いました。

動きをよく覚えている子、恥ずかしくて固まってしまう子、なんとな~く動きをマネする子、いろいろな年齢や立場の子と一緒にリズムで遊びました。


15日(水) あじさい

 画用紙に指スタンプで模様をつけて、紫陽花を作りました。

せっかく本物の紫陽花があるので、じっくり見て、しっかり触って、紫陽花のイメージを膨らませてから制作スタート。

 ポンポンと上手にスタンプしていく子もいれば、べったりと塗ってしまう子もいましたが、それぞれの発達に沿った声掛けをしながら楽しく作りました。


14日(火) 健康診断

 今年度1回目の(2回目は秋の予定です)健康診断を白井小児クリニックの永野先生に行っていただきました。

 白井小児クリニックまでは、徒歩と路面電車で片道約30分。

 いつものお散歩とは違う道程。いつもは乗らない路面電車。

 いつもと違うお散歩にみんなワクワクしながら歩きました。

 ところが、クリニックに到着し、そこがどうやら病院で、聴診器を持った目の前のおじちゃんはお医者さんみたいだとわかるとみんなの顔から笑顔が消え、ある子は号泣し、ある子は口の中から手が外れず、ある子は保育者の手をぎゅっと握りしめて離さず、みんないろいろな表現でドキドキしているのが伝わってきました。

 しかし、優しい永野先生は、そんなみんなを包み込むように診察してくださり、「みんな元気で健康!」と、太鼓判を押してくださいました。

 ワクワクドキドキのお散歩&健康診断の後のカレーラスは格別だったことでしょう。


13日(月)


11日(土) 本のセレクト

 今日のお散歩は、「上長崎地区ふれあいセンター」まで行き、滑り台などでしばらく遊んだ後、ふれあいセンター内の図書室で読書をしました。

 H君が最初にセレクトした本は、「給食番長」。

 お腹が減っていたのか、絵のインパクトにひかれたのか、どちらにしても彼らしい本のセレクトでした。


10日(金) ムーブメント

 子どもたちの流行は、1日の中で何度も起こりますが、あっという間に消えていきます。

 今日は、一人が頭に布を巻くと、「わたしも!ぼくも!」と、次々に布を持ってきて頭に巻きはじめました。「クレープ屋さんごっこや海賊ごっこができるな~」と、考えながら最後の子に巻いていると、最初の子は飽きて外し始めてしまいました。それを見た他の子も外し、あっという間にバンダナブームは終わってしまいました。

 子どもの世界は、大人の世界よりも、流行に乗るのが難しいのです。


9日(木) 身体測定

 今日は、体調が万全ではないお友達もいたので、お散歩にはいかず、明日の予定だった身体測定を繰り上げて行いました。

 服を脱いだり、順番に並んだり、心も体もみんな少しずつ成長していました。

 子どもたちは、お母さんと離れて悲しいお友達をよしよししてあげたり、ぬいぐるみにお昼寝させてあげたり、絵本を読んでいるお友達のそばでヨガのポーズをしてみたり(本人はヨガのつもりはなさそうですが・・・)、たまには室内でゆったり過ごすのもいいものです。


8日(水)

 髪を結ぶことによって、更に可愛さがアップした1歳の女の子。

 自分でもそれがわかっているようで、髪を触りながら何度も、「かわいい~」と、アピールしてきました。

 今日は、可愛い髪形のおかげか、いつも以上にご機嫌の様子で、リズム遊びをしたり、お散歩へ行ったり、ご飯を食べていました。


7日(火) ダンゴムシ

 保育園の絵本で人気の「ダンゴムシのおうち」。読み終える度に「ダンゴムシ見たい~!」と言っていました。

 すると、今日のお散歩中に発見!

 まずは、保育者が丸くなったダンゴムシを手のひらに乗せてみんなで観察。次はそれを子ども達の手のひらに乗せて観察。ダンゴムシが丸いうちは喜んでいましたが、もぞもぞとたくさんの足を出して動き出すと、すごい勢いで手を振り回し、ダンゴムシをどこかへ投げ飛ばしてしまいました。

 それを見ていた他の子は、「ダンゴムシ怖い~!」と、手のひらに乗せることを拒否。

 しかし、もう一度絵本を見たことでやる気が出たのか、夕方のお散歩では見事に手のひらに乗せる事ができました。


6日(月) 雨に濡れる紫陽花

  今日も近くの神社で遊んでいると、近くに住む方がご自分で育てている紫陽花をいただきました。

 雨に濡れ、キラキラと光る色鮮やかな紫陽花を眺めながら飲むお茶は、とても美味しく感じました。


4日(土) 外気浴とお絵かきと逃げる玉入れの箱

 雨降りはお散歩へ行けませんが、エントランスで外気浴したり、紫陽花の絵を描いたり、せっかく入れた玉をぶちまけながら逃げる玉入れの箱を追いかけたり、1日楽しく過ごしました。


3日(金)


2日(木)  ほんの小さな出来事

 保育園から園児たちの足で5分ほどのところにある、JAさんに展示してある等身大のアンパンマン。お散歩コースの一つとして、頻繁に訪れては握手をしたり、大きな口の中に手を入れたり、アンパンマンに触れさせていただいています。

今日もみんな嬉しそうにアンパンマンと触れ合っている中、かたくなにアンパンマンに背を向ける男の子1名。

 もちろん、「アンパンマンなんかになびかないぞ!」と、ニヒルに決めているわけではなく、自分より大きなアンパンマンが怖くて中々近づけずにいました。

 それでもみんなが楽しそうにしている姿を見て、最後は握手だけできるようになりました。

 「アンパンマンは好きだけど、大きすぎて怖いな~。」の狭間で葛藤し、一歩踏み出して握手!

 この小さな挑戦の積み重ねが、明日の彼らを作っていきます。


1日(水) 大事な時間

 子どもたちには、お散歩の時間も、お昼寝前の絵本とわらべうたの時間もどちらも大事な時間です。