~今日の様子~

7月


30日(土)


29日(金) お手伝い

 双子の男の子H君とK君は、とってもお手伝いが上手です。

お昼ごはんの時も、みんなのエプロンやおしぼりを配ったり、「いただきます。」のご挨拶の掛け声をしてくれます。

 彼らがすごいのは、エプロンやおしぼりが誰の物か、しっかり分かっているところ。みんなのエプロンやおしぼりを、次々に無言のまま配る姿は、まさに職人さん!

 しかし、無言で配るのも味気ないので、「『どうぞ。』って言いながら配ってね。」と伝えると、すぐに実践してくれるところも彼らのいいところ。

 「お手伝いしたい。」という心と、それを実行できる力を、少しずつ育てていきたいと思います。


28日(木) いくつになっても男は・・・

 プールに入る前にシャワーで体を流して入るのですが、そのとき顔を洗って泣き出すのは男の子。女子は誰一人泣きません。

 水が顔にかかるのが怖いようです。

 水だけではなく、お化けやお話に出てくるオオカミ。お散歩のときに出会う犬などで怖がるのは、だいたい男の子です。

 しかし、これは幼児に限ったことでありません。

三つ子の魂百まで」、幼児から大人まで、どんなに強そうな人でも、内心ビビりまくっていることが多いのが男です。

 女性の皆さん、身近な男性には優しくしてあげてください。


27日(水) 学童保育を見学

 今日は、近くにある学童保育の「レインボ―ハウス」さんを見学しに行きました。

 たくさんのお兄さん、お姉さんたちに囲まれて尻込みしたり、号泣する子もいれば、全く臆することなくお兄さんたちのおもちゃで遊ぶ子もいて、初めての場所での表情はそれぞれでした。

  人見知り、場所見知りをすることも発達の通り道、いい経験をさせていただいた、レインボーハウスの皆さんありがとうございました。


26日(火) 水遊びは体力を使います。

 水遊びは、とても体力を使います。

保育園のミニミニプールでも、たっぷり遊んだ日は、お昼ご飯のころからうとうとする子も少なくありません。

 しかし、お昼寝をぐっすりした後は、体力も回復し、夕方もめい一杯遊びます。


25日(月) プール遊び

 連日、30℃を超す真夏日が続いています。

こういう暑い日は、お散歩に行けない代わりに、プールでたくさん遊びます。

 プールは、ビルの敷地内で準備するので、紫外線や人の目も気にせず思いっきり遊べます。

 まだまだ、水に怖さが残る子が多いですが、夏の終わりまでには、怖さを克服して、プール遊びが大好きになってもらいたいものです。

※保育者もプール遊びを楽しみすぎて、写真を撮り忘れました。

 ごめんなさい。


23日(土) 「伊良林校区まつり」

 今日のお散歩は、午後から、「伊良林校区まつり」が行われる伊良林小学校へ。

 会場では、テントの設営などの真っ最中。出店もまだ営業していないし、楽しい演し物も見れませんでしたが。

 しかし、なぜか子ども達は影ふみに夢中になり、ひたすら自分の影を追いかけていました。


22日(金) よく遊び、よく食べ、よく眠る。

 今日もプールでたっぷり水遊びをし、お昼ご飯をもりもり食べて、ぐっすりとお昼寝しました。

 子ども達は思いっきり遊ぶことで、食欲がわき、午睡もしっかりと取ることでできます。

 子ども達のよりよい発達のために、よく遊び、よく食べ、よく眠りましょう!


21日(木) プール開き

 いよいよ、子ども達が待ちに待った、育ちの家保育園のプール開きです。

 去年は、園児さんが3名だったので、十分広かったプールも、今年は少し手狭に感じます。

 いえ、確実に狭いです。しかし、子どもたちにとっては楽しい水遊び。始めは戸惑っていた子ども達も、次第に水になれ、バシャバシャしたり、水を掛け合ったりして、ミニミニプールでの水遊びを楽しみました。


20日(水) 雲のカーテン

 朝方から降り出した雨も、みんなが登園するころには上がり、空に雲のカーテンをかけてくれました。

 晴れの日は、ギラギラの太陽が照り付けるお散歩の時間帯。

 今日は、雲のカーテンのおかげで、夏の暑さを感じることなく、お散歩を楽しむことができました。


19日(火) 夏だからできないこと。夏だからできること。

  梅雨が明け、お日様が顔を出してくれるのは良いのですが、ちょっと強すぎる夏の日差しに、おのずとお散歩時間が短くなります。

 その代わり、室内で制作活動をしたり、シャワーを浴びて汗を流したり。木曜日からはプール遊びも始まります。

 子ども達には、夏しかできない事をたくさん経験させてあげたいと思います。


16日(土)

 土曜日は平日よりも登園する園児さんが少ないものですが、今日は特に少なく、一名の登園となりました。

 登園後しばらくは、使い放題のおもちゃや絵本に声を出して喜んでいましたが、お友達がいない寂しさに、だんだんとトーンダウン。

 ということで、たくさんのお友達がほしいので、園児さん募集中です!


15日(金)

 一見、お散歩途中によそ様のお家を覗いて回っているように見えますが、お家を覗いて回っているわけではありません。おうちで飼われている、メダカや飼い犬を見せていただいているところです。

 地域の皆様のご協力のおかげで、子ども達のとって大切な、生き物との触れ合いをさせていただいています。


14日(木) 夏の訪れ

 降りに降った雨も止み、久しぶりに天気を気にせずにお散歩へ出かけました。

 お散歩中にふと街路樹を見上げると・・・セミの抜け殻発見!

 たぶんみんなセミの抜け殻を初めて見たのでしょう。得体のしれないものが気に張り付いているのを、いぶかしげに凝視。

 残念ながら、木の高いところにあるために取れず、子ども達に間近で見せることはできませんでしたが、次回のお散歩の時に、「セミの抜け殻に触れてみる!」という、新しい目標ができました。


13日(水) わらべうた

 またもや雨です。しかも、大雨、洪水警報も発令されました。

昨日のお散歩が楽しかっただけにさらにがっかりです。

 しかし、自然には勝てません。

 そこで、いろいろな「わらべうた」で、お散歩の楽しさに負けないくらい、思いっきり遊びました。


12日(火)

 不安定な天気の合間をぬって、保育園そばをお散歩しました。

等身大アンパンマンにあいさつしに、JAバンクへ行くと、行員の方から、アンパンマンのポケットティッシュをいただきました。

 楽しいだけじゃなくプレゼントまで頂いてしまった、久しぶりのお散歩でした。


11日(月) 料理対決

 調理場で子どもたちの昼食を作っていると、Tちゃんがおもちゃの果物と包丁を持って調理場の入り口に現れました。「私のほうがおいしい料理を作るわ!」とばかりに、おもちゃの果物を切っては、「食べてごらん!」と、おもちゃの果物を調理している園長に差し出すこと十数回。その都度、「あむ。おいしい!」と、リアクションを受けるまでは、手を下げない頑固でかわいい料理人Tちゃんでした。


9日(土)

 長崎県庁に送られてきた爆破予定日時が、無事に何も実害なく過ぎました。

 自粛していた子どもたちの画像を1週間分ダイジェストでご覧ください。


2日(土)


1日(金)