今日の様子

平成29年7月


 今日は、小学生のボランティアがたくさん来ました。

子ども達と一緒に遊んでくれたり、保育士のお手伝いをしてくれたり、園児そっちのけで遊びだして叱られたり、ボランティア半分、遊びに来た半分でしたが、保育園の子ども達は、大喜びでした。

小学生のボランティアのおかげで、いつもより少し賑やかな楽しい一日になりました。

31日(月)


28日(金)

 水遊びが苦手な子もいれば、とても大好きな子もいます。

大好きな子は、めいいっぱい楽しみ、苦手な子は少しずつ水に慣れていきます。


27日(木)

 昨日から引き続き、プールの後は花火作りです。

真剣な表情で一つ一つ丁寧に作業していく子ども達。

とても華やかな花火になってきました。


26日(水)

 今日も水遊びを楽しんだ後、窓の飾り作り。

今日は、夏と言えば「花火」。

丸く切った台紙に、いろいろな色の折り紙を貼り、好きな色のクレパスで模様をつけていきました。

後日、道路側の窓にみんなが作った花火が打ちあがりますのでお楽しみに!


25日(火)

 保育園の窓には、季節ごとにいろいろな飾りをしています。
今回、階段側の窓には「大きな木とその影で涼む動物たち」を飾っています。
今日子ども達には、飾りにプラスするセミを折り紙で作ってもらいました。
折り紙を折るときの真剣な顔とできた時な嬉しそうな顔が、とてもかわいらしかったです。


24日(月)

 先週まで、頭からシャワーをかけられるだけで泣いていた子ども達も、頭から水をかけようが、顔にかけようが、泣くことはなくなり、ミニミニプール遊びを満喫しています。

幼児期の子ども達は、苦手なことも、集団の中、適度な負荷をかけながら繰り返し挑戦することで、あっという間に克服することができます。

このような、グループダイナミクス(集団力学)による効果は、保育園などの集団の場に通うメリットの一つです。


21日(金)

 今年も始まりました!

「ミニプール」というのも、おこがましい!

育ちの家保育園の「ミニミニプール」が始まりました!

みんなで入るとギュウギュウです!泳ぐなんてとんでもない!

それでも、大喜びしてくれる子ども達!とってもありがたいことです!

昨日、プールの道具を準備しているときから、プール用のおもちゃに目がキラキラしていた子ども達。 

「ミニミニプール」を夏の終わりまで楽しんでください。


20日(木)

 今日は、「お弁当を持ってピクニック!」、電車に乗って水辺の森公園で水遊びをする・・・予定でしたが、朝からザーザーと雨が降り出し、大雨・洪水・雷注意報まで発表され、残念ながら中止となりました。

 前日確認した天気予報は晴れだっただけに、リュックに着替えを入れて準備万端、水辺の森公園で水遊びすることを楽しみにしていた子ども達と水着も準備して、自分が楽しむ気満々だった園長と共に、雨が降り止まない空を恨めしく見上げました。


19日(水)

 朝早く、強い雨が降りましたが、子どもたちの活動時間には

雨も上がり、お散歩に行くこともできました。

保育園に帰って来てからリトミックで、もう一汗かきました。


18日(火)

 公園で遊んでいると、公園横のごみステーションで、ごみ収集車がごみを集めていました。子ども達は遊ぶのを止め、しばらくその様子を眺めていました。

するとEくんが、「そだちのいえほいくえんです!」、「あっちからきました!」と、作業していたおじさんに保育園の宣伝をしてくれました。

 おじさんたちも「おはよう!」と快く応えてくれました。


14日(金)

 夏の暑さもなんのその

空調が整った室内よりも、お日様輝く外遊び

トンネル、滑り台、壁登り、いろいろな遊具で遊べることがうれしくて

みんなで遊ぶ、かくれんぼや鬼ごっこも楽しくて

室内あそびもいいけれど、お日様元気な外遊び

みんなが大好き楽しい公園、「明日も来るね。」と、さようなら

汗と疲れをシャワーで流し、「お腹減った~!」で、ごはんの時間


13日(木)

 元気に登園してきた子ども達は、バックからその日使う手拭きタオル等のタオル類を指定の場所へ出して、トイレに行き、しばらく自由に過ごします。

みんなが登園してきたところで、朝のお集りを始めます。

朝のお集りは、絵本を読んでり、歌を歌ったり、今日の予定を話したり、心と体に「保育園の始まり!」と、合図を送ります。

 お散歩に行く前やリトミックをする前など、みんなで一緒に何かする前には、気持ちをリセットする、お集りのような「間」を取ってあげると、落ち着いて次の行動に移ることができます。

 ご家庭でも、出かける前や食事の前などに、この「間」(座って目を見ながら「今からお出かけするよ。」、「今からご飯を食べるよ。」等と伝え、1~3くらいの約束事などを伝えてあげるといいです。)とってみてください。


12日(水)

 お散歩の途中で小さな蛙を発見。

♪かえるの歌がきこえてくるよ♪子ども達が大好きな歌の一つ、「かえるの合唱」の歌詞のように、蛙が歌うと思ったのか、耳に手を当てて蛙の声を聞こうと頑張っていました。(後で子ども達に聞いてみると、蛙の歌声がしっかり聞こえたそうです。)


11日(火)

 今日、朝一番の子ども達のお仕事は、おやつに食べるトウモロコシの皮むきです。

始めは、「これなに?」という顔で、恐る恐る皮をむいていた子ども達も、黄色い実が見えてくると、「とうもろこしだ!」と、がぜんやる気が出てきて、あっという間に全部の皮をむいてしまいました。

 おやつの時間に茹でた後、バターでこんがり焼いて子ども達の前へ。

「〇〇ちゃんが皮むいた!」と、自分たちで準備したおやつはまた格別だったようです。


10日(月)

 7月に入り、蒸し暑さがグッと強くなったようです。

お散歩から帰ってくると子ども達は汗びっしょりになっています。

 そこで、お散歩から帰ってきて、ご飯を食べる前にシャワーを浴びます。

汗を流してさっぱりすることで、暑さで落ちがちな食欲も上がり、気持ちよくご飯を食べることができます。


7日(金)

 今日は、7月7日「七夕」です。
夜は天気が崩れる予報ですが、彦星と織姫様一年に一度のデートを楽しめるといいですね。

6日(木)

 今日は、「雨が降る前にあそびにいこう!」と、少し早めにお散歩へ。

一通り遊具で遊んだ頃、ぽつぽつと雨が降ってきたので、急いで保育園へ。

保育園では、「リトミック」や「わらべうた」であそびました。


5日(水)

 今日もすぐれない天気でしたが、雨が降ってきたらすぐに戻れるように準備しつつ公園まで遊びに行きました。

 道中セミの抜け殻を見つけたましたが、まだまだセミの抜け殻は、触るにはレベルが高かったようで、みんな遠巻きに眺めるだけでしたが、公園でダンゴムシを見つけると、ほとんどの子ども達が、手に乗せたり、つまんだりできました!

しかし、みんながダンゴムシで盛り上がっているとき、静かにフェイドアウトして、存在を消すようにブランコに座っていたHくんでした・・・

(まだダンゴムシが怖いようで、一緒にいると「自分も触らなきゃいけないかも・・・」と、思ったのかもしれません。)


4日(火)

 今年初めて長崎に上陸した台風3号。長崎市内の小、中学校は休校になり、空と海の交通に影響が出ましたが、大きな被害もなく過ぎ去っていきました。

 10時過ぎには、雨、風共に嘘の様に弱まり、陽が射してきたので、エントランスに降りて、外の空気を吸い、気分転換することが出来ました。


3日(月)

「チャレンジ・to・チェンジ」

 近くの公園にある、滑り台やクライミングウォールが組み込まれた大型の遊具の中に金属の輪で作ったトンネルがあります。

 このトンネル、子どもたちの足は通りますが、体は通らないので、転落する事はないのですが、隙間から地面が見えるのは、やはり怖い物でしょう。

 Hくんは、前回お友達がどんどん挑戦するものだから、しぶしぶ保育士の手を借りながら挑戦した経緯がありました。

 そこで今日は、「トンネルくぐり、今日も一度は挑戦しようね。」と、公園で遊ぶ前にR君に話しかけてみましたが、Hくんはノーコメント。

 しばらくそのまま自由に遊んでいましたが、もう一度「トンネルくぐりしてみない?」と、言葉をかけてみました。

 すると、Hくん今度もノーコメントでしたが、神妙な表情のままトンネルの方へ。

 そして、写真の様に号泣し、怒りながら少しずつ進んでいきました。

涙を流しつつ、「みて!みて!」と、声を発し、気づけば見事一人で渡り切っていました。

 経験を伴わないガラスのようなプライドは必要ありませんが、自分が経験を通して、「自分でできた!」、「自分でもできた!」という、鍛えられた「鋼のプライド」は、自分の心を形作っていいく大事な宝物になります。

 後から本人に聞いた話ですが、トンネルくぐり中に言っていたのは、「みて!みて!」ではなく、「お手々!お手々!」と、助け舟を求めていたそうです。