今日の様子

平成29年8月


31日(木)


30日(水)


29日(火)


28日(月)

 まだまだ暑い日が続くようで、今日も日中は30度を超えました。

予定では、先週でプールは終わりの予定でしたが、この暑さではお散歩も公園の遊具も暑くて出来ないので、今週も引き続きプールあそびをすることにしました。

 子ども達は、今日もプールで遊ぶのを楽しみにしていたので、大喜びでした。


25日(金)

 プール遊び初心者は、ミニミニプールでも怖いものです。

まずは、ミニマム・プライベートプールで身体を十分にならしてからミニミニプールへ!

しかし、彼にはまだまだミニミニプールの壁は厚かったようで、プライベートプールへ逆戻り。

 焦らず少しずつ慣れていきたいと思います。

 ※今日で終了予定だったプールですが、猛暑が続きそうなので来週以降も続行します!


24日(木)

 プールに入る前の準備体操にケロポンズさんの「エビカニクス」という、海老と蟹の事を詳しく教えてくれる歌詞とエアロビクス調のリズムの曲を、みんなで踊っています。

(ケロポンズさんの動画がYouTubeで公開されています。)

 子ども達は振り付けを上手に覚え、「エビ!カニ!エビ!カニ!フ―!!!」と、しっかり身体をほぐし、テンションも上げて、プールへとむかいます。

 しかし、子ども達はこのダンスのおかげで、エビとカニはセットだと思っているのか、給食の「エビとコーンのかき揚げ丼」を見て、「あれ、蟹の入っとらん!」と、不思議そうにしていました。


23日(水)


22日(火)


21日(月)

 お盆明けから、体調を崩す子が多く出ています。

家族や親せきで過ごす楽しい時間が楽しすぎて、疲れがたまったり、朝晩の冷え込みに身体がついていかなかったりと、体調を崩す要因がたくさんある季節です。

子どもはもちろん、大人の方も体調管理に気をつけましょう。


18日(金)

 小学校が夏休みということで、今日も小学生のお姉さんが、「プールあそびの時に水鉄砲にして保育園の子ども達と遊ぶ。」と、ケチャップの空容器を持参してお手伝いにやってきました。

 子ども達は、お姉さんが持っているものに興味津々。容器から水鉄砲のように飛び出てきた水に驚いて泣き出す子や、「自分も使いたい!」と、どうにかしてお姉さんから奪い取ろうと狙ったり、いつもより盛り上がったプールあそびでした。


17日(木)

 子どもたちの発想力には毎日驚かされます。

今日も、シャワーから水が出てくる様子を見て、2歳のR君が「花火だ~!」と、嬉しそうに声を上げました。

 R君に「花火見たの?」と尋ねると、「お父さんとお母さんと見たの。」と教えてくれました。

家族で花火を見た「楽しい」記憶と、プール遊びを「楽しい!」と思う気持ちが繋がり、シャワーから出る水を花火のように見せてくれたのかもしれません。

 子ども達が、ポジティブな発想をできる環境を、しっかりと整えていきたいと思います。


16日(水)

 みんな体調が戻ってきましたが、お休みの子も多く、今日もすこ~しだけ静かなプールあそびでした。


10日(木)

 今週は、体調を崩す子が多かった一週間でした。

せまいプールですが、やっぱり大勢で遊ぶ方が楽しいプールあそび。

来週には、みんなでプール遊びができますように!


9日(水)

 8月9日は、長崎に原子爆弾が落とされ、多くの方がなくなった日です。

 「戦争」や「原爆」について、1歳児、2歳児の子ども達が深く理解することはできませんが、原子爆弾が落とされた11時2分、市内に流されるサイレンの音と共に黙とうしました。

 難しい話が分からない子ども達にも、平和を願う「心」は伝えていきたいと思います。


8日(火)

 現在、長崎県では「手足口病流行警報」が出ています。

育ちの家保育園でも、感染、発症してしまった子が出ています。

●手足口病とは

・手足口病は、その名が示すとおり、口腔粘膜、手のひら、足の裏などに、小さな水 泡性の発疹が現れる急性ウイルス感染症です。

・基本的に、予後は良好な疾患ですが、まれに髄膜炎等を 合併することがあります。 高熱、頭痛、嘔吐症状がある場合は早めに受診しましょう。

・感染経路 は、咳、くしゃみによる飛沫感染 ・便を介した経口感染 ・水泡内容物による接触感染です。

・特効薬はありません。治療は、経過観察を行い、対症療法(特に水分補給)、口の中が痛い場合、柔らかい食事を摂る等。

・予防法は、咳やくしゃみが出るときは、服の袖で覆う、ハンカチで覆う、マスクを着用、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとする

・回復後もウイルスは長期に渡って、便から排出されることがあるため、 オムツ交換、トイレの後は、手洗いを励行する。タオルの共用は止める。

感染、発症してしまった場合、保育園への登園は、医療機関を受診し、医師の判断を仰いでください。


7日(月)


4日(金)

 水に慣れ、ほとんど怖がらなくなってしまった子ども達。

怖がらなくなったことは良くもありますが、悪くもあります。

慣れた頃が一番危険です。子ども達がケガをよくするのが、慣れ始めの子の頃。

 そこで今日は、ボランティアに来た小学生が水鉄砲を持ってきていたので、水への恐怖心を思い出してもらうため、ちょっとハードな水合戦を行いました。大人も小学生もみんなびしょびしょになりましたが、もう一度「水って怖い!」と、すこ~し思い出してもらいました。

 恐怖心は、心のブレーキになります。水は楽しく遊ぶこともできますが、命を奪うこともあります。子ども達は、もちろん大人が守らなければなりませんが、子どもたち自身も自分の身を守る力を少しずつ付けさせていきたいものです。


3日(木)

 子ども達の大好きな大型ブロック。

今日も乗り物にしたり、つなげて橋に見立てたり、囲いを作って家に見立てたり、想像力豊かに遊んでいます。


2日(水)

 水に慣れてくると、じょうろバケツをつなげたり、じょうろからじょうろへ水を入れ替えたり、おもちゃの使い方も面白いアイディアがたくさん出てきます。


1日(火)

 水に慣れてきたため、プールの遊び方もダイナミックになってきました。

 夏の終わりまでにプールが壊れるんじゃないかと、少し心配になってきた園長をよそに、子ども達は今日も水遊びを楽しんでいました。