食事と歯磨き 午前中にたくさん体を動かしておなかが減れば、昼食も楽しみなものになり、もりもり食べてくれます。また、集団生活の中では、お友達や保育士との関わりも食事に対する気持ちに大きく作用します。(「あの子も食べているから私も食べよう。」、「嫌いな食べ物をがんばって食べている所を先生に見てもらいたい。」などなど・・・)