子ども達に人気の絵本①

「はらぺこゆうれい」

 夏と言えば幽霊や怪談話!そこで幽霊を題材にした絵本をご紹介します。

 ストーリーは―

 

「はらぺこのゆうれいが太った昔の友達のゆうれいと出会い、食べ物を手に入れる方法を教えてもらうのですが、食べ物を手に入れるどころか、空腹でふらふらになり、倒れたところに、鬼のくしゃみで宇宙の果てまで飛ばされた挙句、ほうき星になる。」―という、せなけいこさんらしい大人でも先が見えないストーリー展開に、保育園の子どもたちもワクワクしながら絵本の前に座って聞いています。表紙のインパクトと幽霊のお話といううことで、「ゆうれいこわい!」と、言って背を向ける2歳の男の子もいましたが、やっぱり楽しそうなお話が気になるので、幽霊に見つからないように、ちらちらとのぞき見しながら聞いていました。